逆援助というものにすごく興味があって


逆援助というものにすごく興味があって、出会い系サイトを利用して見れば誰でも簡単にできるというような話を聞いたので、私も思い切ってやってみました。旦那を裏切ることについては、ちょっとくらい罪悪感があってもいいのかもしれませんが、稼ぎのいい夫が前から他の若い女と浮気をしていることは分かっていましたし、経済的な事情があるからというだけで私が目をつぶっていたという経緯もあります。

旦那に対して気を遣い続けるというか、旦那の浮気に気づいているのに気づいていないふりをするのは疲れたので、わたしにも何か見返りが合っていいだろうと、自分にご褒美を上げるくらいのつもりで、出会い系サイトを利用してみました。

夫のことはもう愛していませんが、それでも夫の持っている経済力だけは魅力的なのです。夫がしっかりと稼いでくれることで私が楽させてもらっているというのは事実なので、夫のことがどれだけ嫌いであっても、なんとかお金のために旦那の機嫌を取り続けなければならないのです。

だからわたしは、旦那に対しては一切できない欲求不満の甲斐性とストレス発散の意味を込めて出会い系サイトを利用してみることにしました。出会い系サイトを利用して今更新しい出会いを求めようという気にはなれません。出会い系サイトを利用して新しい出会いを求めるという人たちを否定するつもりはありませんが、私が求めたいのは恋愛対象としての男性ではなく、私のストレスをひたすら発散させてくれる男性、私の欲求不満を満たしてくれる男性なのです。

男性と恋愛するためには、どんな人が相手であってもとにかく気を遣わなければなりません。本当に好きな人が相手だったら、気を遣うことさえ喜びにつながるのですが、私はもうすでに一応恋愛というものを経験していて、そういう経験は旦那だけで十分だというふうに考えている人妻なので、今更、若い子と同じような感覚で恋愛を始めようという気にはなれないです。

どうせ、出会い系サイトを利用して知り合った相手と結婚できるわけではありません。もしそんなことをすれば、旦那が持つ経済力をあきらめなければなりませんし、出会い系サイトを利用して旦那を裏切ったのは私のほうだという主張でもされたら、離婚の際の慰謝料だってろくにもらえないという危険性があります。

とにかくいろいろな事情があって、私は恋をするために出会い系サイトを利用するわけにはいかないのです。私が出会い系サイトを利用して出会いを求めるというその目的は、あくまで、私にとってのストレス解消のためです。だから私にとって不倫という目的以外で出会い系サイトを利用することは考えられなかったのですが、普通に出会い系サイトを利用して不倫をするだけではあまり面白くないので、どうやったら私の好きなように不倫ができるのかということを考えました。

私の好きなように不倫をするということはつまり、私が好きなように相手を選んで、その男性と不倫をするということです。いわば私が男を買うようなことが本当にできるのか、私はいろいろと考えました。結論から言うと、そういうことは実際に可能なんですよね。

昔はあまりこういう言葉が使われることは無かったのですが、逆援助と呼ばれる特殊な男女交際のかたちがあります。逆援助とは、逆援助交際という言葉を縮めたものです。逆援助交際ということは、援助交際の逆ということですよね。逆援助交際という言葉がイマイチピンと来ないという人でも、援助交際という言葉だったらピンとくると思うのです。援助交際といえばようするに、主に出会い系サイトなどを通じて知り合った女性に対し、男性の側がお金を払ってお付き合いを求めるという、ちょっと特殊な男女関係です。

お金がある程度なければできないお付き合いだといえるでしょうが、出会い系サイトを利用してこういうお付き合いを望んでいる男性も結構いるようです。男性が援助交際を望んでいるなら、女だって逆援助交際を望んでもいいでしょう。
私のように旦那が金持ちとかいう立場だったら、言葉は悪いですが出会い系サイトを利用して好みの男を買うということも実際に可能なのです。

逆援助交際というものにすごく興味があったので、実際にやってみました。出会い系サイトを利用して本当にいい男に出会えるかどうかは分かりませんが、探したいのはあくまでセフレ候補なので、セックスの相性が良い相手を選びたいなとは思います。